兵庫県三木市に鎮座する大宮八幡宮は応神天皇を御主座に両側に八柱の神を配祀奉っています。創建こそ定かではありませんが、古代より山上(現八畳敷)に磐境(古代祭祀様式)があり、孝徳天皇の御代には既に山上に社祠が建立されており、天永二年(西暦1111年)烏羽天皇の御代に社殿を遷座したと伝えられています。明治初期には郷社に列せられ、平成六年には割拝殿を境内北側能舞台横に移し、本殿を後方に引き、その前に両翼殿を備える拝殿を建造する大造営を行い、四方衆生の尊崇篤く現在に至っています。
 

■ 2月17日(金) 午前11時 祈年祭 斎行致します

 

■ 2月12日(日) 午後1時 祈年祭奉納行事 流鏑馬 
斎行致します

 

■ 2月3日(金) 午後5時 節分祭 斎行致します

 

■ 今年も残すところ数日となりました。
来年、1月限定で鬼追の印の入った
御朱印の授与をしております。

 

■ 1月1日(日)午前9時 歳旦祭斎行致します。 

祈年祭・流鏑馬奉納行事

節分祭

鬼追式

鬼追前日祭

謹賀新年